信用創造

保険業法(平成7年6月7日法律第105号)によって保険を取り扱う会社は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれて、2つとも内閣総理大臣からの免許を受けた者を除いて設立してはいけないことが定められている。