『海辺のカフカ』に憧れて

村上春樹の『海辺のカフカ』に登場するマツダのロードスターが非常にかっこ良く思えて、車の知識なんてほとんど無いのに中古のロードスターを購入したことがあります。
高速道路を使って各地にドライブに行っていましたが(二年間で二万キロぐらいは走ったでしょうか)、毎月の駐車場代に二万円もかかっていたことと、途中から病気の治療薬を服用する関係で車の運転ができなくなったので、手放すことにしました。
二社に見積もりを出して、どちらも査定額は買値の三分の一。
全く改造をしていないノーマル車で、かつ修理もしていない車でこれぐらいの売値だということは、もし改造や修理をしていたらどれだけ買い叩かれていたのだろうかと思った記憶があります。
売却日の前日にドライブに行き、ロードスターと記念撮影をしたときには「あの価格なら売らなくても良いのではないか」と思ったくらいです。
しかし、毎週エンジンをかけてくれる持ち主の手に渡った方が車にとってはいいのだと思ったため、最終的には売却しました。
車 査定 web