過去論文

働いている側の目線に立ってみたらどうですか?

STAP元調査委3人の過去論文「不正なし」 理研発表 本人に聞き取りをした。切り張りはあったが、研究不正ではないと結論付けた。 これってどういう事なんでしょうか? 捏造はあったけど不正じゃなかったということ?

それとも捏造はなかったということ? 以前にこれに関連するような日記を書いたら、 小保方氏は画像を切り貼りしたから悪いんだ、というコメントを書く人がいましたけど、 今回の件が悪意があると認定されない理由は何なんでしょう?

やっぱり、理研という組織はおかしいと思いますよ。 悪い役人みたいに見えます。 自分たちの組織の保身を第一に考えているようにしか見えません。 評判を落として予算をもらえなくなると困るのかもしれませんけど、 こんなので科学の進歩に繋がるんですかね? 平たく言うとこういう違いですかね。

読者を騙しているかどうか。「Aと言う実験をしました」って論文の「Aの結果」と称する写真に、本文では触れても無い実験Bの写真が一部張り込まれてる。