診察治療

それにどの道、 「隣にいる人」が出来たら、今やってる様々な仕事や活動にも一区切りつけるつもりだし。ネ。治療断られた、放射線で偏見

 医師法第十九条第一項。
「診療に従事する医師は、療診察治の求があった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。」
現状では一方的な偏見や風評を元に診療拒否することは医師法に抵触します。

なぜなら、 「原発での特殊な作業に従事する人を除けば、現時点で基準値を超える放射線量が出る人がいるはずがない。証明書がなければ必要な医療を受けられないなどというのは言語道断。過剰反応は厳に慎んでほしい」
だからだ。

なので、 現状で診察に従事する医療関係者を排除するのは多少酷かもしれないが、こういう馬鹿を排除しないと、正当な医療を一般人が受けられない温床が引き続き作られてしまうのだから、こう言うときこそ厚生労働省に尽力してもらって、適正な排除をしてもらいたい。

もちろん、 そういう偏見で意図的な排除や差別をする避難場所の避難民やそれを受け入れる地域住民を、さっさと処分してもらいたい。

コメントを残す