肺炎

よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の中が細くなってしまい、血液の流れが停止し、酸素や大切な栄養が心筋まで配達されず、ほとんどの筋繊維が壊死する大変重い病気です。
シルバー世代の人や慢性病を持っている人は、目立って肺炎を発症しやすくてすぐには治りにくい傾向が見られるので、事前の予防や迅速な処置が大事なのです。
常識的には骨折は起こさない程度の僅かな力でも、骨の限られたエリアに繰り返して継続的に力が加わることにより、骨折が生じてしまうことがあるので油断できません。
うす暗い場所では光不足のためものを見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球のレンズのピントを合わせるのに余分な力がかかり、結果的に明るい場所で物を眺めるより疲れやすくなるのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になった後に販売され、同一の成分で金銭的な負荷の小さい(薬代が安価な)後発医薬品のことを意味します。
一旦歯の表面を覆っている骨を減らしてしまうほど症状の進んでしまった歯周病は、万が一炎症自体が安定したとしても、無くなった骨が元通りになることは無いと考えておいた方が良いでしょう。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあるクッション的な役目を果たしている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい組織が突き出た症状のことを表しています。
ストレスがかかり、溜まってしまうプロセスや、有用なストレスのケア方法など、ストレス関連の細かい知識を学ぼうとする人は、多くはありません。
自分では骨が折れているのかどうか区別がつかない時は、負傷してしまった所にある骨をそっと指でプッシュしてみて、その部位に激しい痛みがあれば骨折の疑いがあります。
HMSの研究結果によると、1日あたり2〜3杯のカフェイン抜きのコーヒーを代用することで、あの直腸がんの発生リスクを半分も減らせたということが明らかになっている。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも出現することがあるので難しい心臓疾患ではありませんが、例えば発作が再三発生するケースは楽観視できません。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)は80%以上が脳動脈瘤と言われる脳内の血管にできた不必要なこぶが破裂してしまう事が要因となって発症してしまう命にかかわる病気だと多くの人が知っています。
学校のような大規模な団体生活で、花粉症の為に友達と同時に外で思いきり運動できないのは、子どもにとっても辛い事でしょう。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、不規則な生活、心身両面のストレス、老化などの様々な素因が絡むと、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症すると考えられています。
H17年2月から新しくトクホ(特保)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の言葉の明示が義務化した。