股間

メタボとは言われていなかったとしても、内臓に脂肪が付く種類のよくない体重過多を持つということで、深刻な生活習慣病を発症する可能性が高まります。
いんきんたむしは若い男の人に多い傾向があって、原則として股間の辺りにのみ広がり、体を動かしたり、風呂から上がった後など体が温まった時に強い掻痒感を誘引します。
バイキンやウィルスなど病気をもたらす微生物が口から肺の中へ進入し罹患してしまい、片方もしくは両方の肺が炎症反応を示した様を「肺炎」と総称しているのです。
毎年流行するインフルエンザに適応している予防法や病院での治療を含めた必須の措置というものは、それが例え季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでも一緒です。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われてしまった後に発売され、等しい成分で金銭的な自己負担を抑制できる(クスリの金額の高くない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
BMIを計算する式はどの国にも共通していますが、BMI値の評価は国家ごとに異なっており、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、25以上を肥満、18.5未満であれば低体重と決めています。
2005年(H17)年2月から新たに特保(トクホ)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の一文の表示が食品メーカーに義務付けられている。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を有しない普通の人でも取り扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に沿ってケアすることで、心室細動に対しての治療の効力をみせてくれます。
学校等の大規模な集団行動をするに当たって、花粉症が要因で皆と同様に外で思いきり行動ができないのは、子どもにとっても悔しいことです。
男性だけにある前立腺はその成長や働きに雄性ホルモンが大変深く関わり、前立腺にできてしまったがんも同じく、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの働きを受けて肥大化してしまいます。
アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が満了した約30日後、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に替わるような薬品もあるほど、ジェネリックは世界に採用されています。
UVB波は、UVA波より波長が短いので大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を破損させるなど、肌に悪い影響をもたらすことになります。
鍼灸用の針を体に刺してもらう、という直接的な複数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと言われるいわば電気信号伝達をもたらすという考えが浸透しています。
ストレスがかかり、溜まるというシステムや、手軽で有用なストレス対処法など、ストレスにまつわる正確な知識を学んでいる方は、まだ少ないようです。
汗疱状湿疹(汗疱)は主に手のひらや足の裏、又は指と指の間などにプツプツとした小さな水疱が出る病気で、通常はあせもと言われ、足の裏に出てくると足水虫と間違うことがよくあるようです。