生活習慣

高熱が特徴のインフルエンザの予防テクニックや治療法といったベーシックな措置は、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでも同じです。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことやタバコを吸う事・酒類・肥満症等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどに縁り、近年日本人に増加しているという病気なのです。
UVB波は、UVA波より波長が短いのでオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけてしまうなど、皮膚にとって悪い影響を与えるのです。
グラスファイバー製ギプスは、ダメージに強くて重くない上に耐久性に優れており、シャワーなどで濡らしても壊れずに使用できるというメリットがあり、現代のギプスの人気製品となるまでに浸透しました。
複雑骨折によりひどく出血した状態では、低血圧になって眩冒や冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、意識消失発作などのいろんな脳貧血の症状が出現するケースもよくあります。
耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分かれていますが、中耳のところに細菌やウィルスがうつることで炎症になったり、体液が溜まる病を中耳炎と称しているのです。
既に歯の表面の骨を減らすまでに深刻になってしまった歯周病は、たとえ病状自体が沈静化したとしても、骨が元通りに再建されるようなことはないに等しいと言われています。
AIDSというのはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染によって罹患するウイルス感染症の事であって、免疫不全へと至って些細な真菌などによる日和見感染やがん等を発病してしまう病状そのものを指し示しています。
くしゃみや鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギー源である花粉の放出された量に比例しているかのように悪化の一途を辿ってしまうという特徴があるとのことです。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり突然変異をもたらすような悪質な物質を体の中で無毒化し、肝臓の動作をより強化する特徴が判明しています。
塩分と脂肪の大量摂取を中止して適切な運動に励むだけでなく、ストレスの多すぎない日常生活を心がけることが狭心症を招く動脈硬化を事前に防ぐポイントだといえます。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4日前後きちんと薬を飲めば、一般に90%近くの患者さんの自覚症状は消失しますが、さりとて食道粘膜の発赤や炎症が完全に治癒したことを意味しないのです。
臓器である前立腺は活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが大きく関わり、前立腺に発現してしまった癌も同じく、アンドロゲン、即ち男性ホルモンによって大きくなってしまうのです。
急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・悪心・嘔吐・下痢を伴う程度ですが、細菌感染が原因の場合はひどい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度以上の高熱が出るのが見分けるポイントだといえます。
うす暗い場所だと光不足により物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに余分なパワーが消費され、光の入る所でものを見るよりも疲れやすくなるといえます。