独学で

基本司法書士試験はハイレベルな法律系国家資格試験とされているので、基礎から応用まで学習できる専門スクールに行って勉強した方がリスクを避けられます。

しかしながら、全て独学でやっても各個人によって非常にスムーズに行くなんていうパターンも見られたりします。
今日び通学して受講している方たちと特に違いがみられない学習ができるようになっております。これを実現可能にするのが、今現在行政書士用の通信講座のメインの教材といわれるDVD教材です。

従前は合格率十数%以上が定番になっておりました行政書士試験だったけども、今では1割以下の率が続いております。合格率一桁とした場合、難易度レベルが超高い国家資格の代表として捉えられるでしょう。

一言でいいますなら「足切り点」(ボーダーライン)というような受験のシステムが司法書士試験にはございます。簡単に言うならば、「決められた点に足りていないなら、不合格となります」とされる点数といったものが設定されております。

たった一人で独学での司法書士を目指す勉強法の選択を行う場合、特に問題となりますのは、勉学に励んでいる中にて何か疑問事項が一つでも生じたという折に、周囲に質問できる相手がいないことであります。

コメントを残す