特殊能力

未来でプロフェッサーX(パトリック・スチュワート)とマグニートー(パトリック・スチュワート)の要請を受けて、

1973年にタイムトリップし たウルヴァリンは、若かりし頃のチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX,ジェイムズ・マカヴォイ)とエリック・レーンシャー(マグニートー,マイケ ル・ファスベンダー)に会って、『ミスティークのトレスク暗殺計画の阻止=センチネル開発の中断による歴史の変更』を目指す。

しかし、1973年時点のチャールズは、幼馴染みのミスティークと親友のエリック(マグニートー)の双方を失う裏切りに遭って人間不信に陥り、 『ベトナム戦争』で多くの自分が訓練したミュータントたちが戦争に徴用されて死んでいったこと(敵国の人を大量に殺戮したこと)に強い罪責感を感じてい る。

エリックは、前向きな人生の目標を持てずに酒に溺れる無気力な日々を送っていた。

更に、エリックとの戦いで脊椎損傷の深手を負ったチャールズは、テレ パシーの特殊能力が消える副作用を持つ薬なしでは歩けなくなっている。