料金の違い

プロバイダーやプランによって要する金額は様々なんですが、以前からのADSL並みの利用料金で高速な光インターネットを使っていただくことが可能です。

料金の違いはないのに接続速度は光インターネットによる方が完全に速いから、すぐに乗り換えなきゃ損です!
もし光回線をスタートする場合には、始めに「回線事業者」に加えて「プロバイダー」の二つの業者に対する契約がセットになっています。

このうち回線事業者とは張り巡らされた光ファイバーの回線を実際に所有している会社のことだと覚えておいてください。
光のフレッツ光なら動きが悪くなる容量が通常以上のWEBページとかYouTube、ニコ動といった動画がいらいらなく視聴でき、希望の楽曲やゲームなどでも瞬間的に自分の端末にダウンロードが可能などストレスゼロで楽しむことができるのです。

つまりネットに繋げるというサービスを提供する組織のことを広くインターネットプロバイダーと言い、利用者は、見つけたインターネットプロバイダーと契約を結んでインターネットに自分の端末を繋げるために必要な作業をお願いするということを意味するのです。

計算してみると回線を光回線に変更すれば、今ご利用中のNTTの提供による家庭電話に関しては基本使用料”だけでなんと1785円”という計算になってますが、光電話に変わったらたった525円という低料金で

コメントを残す