吐血と喀血

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されていなかったとしても、臓器の脂肪が付いてしまう型のよくない肥満に陥ることにより、様々な生活習慣病を招きやすくなります。

吐血と喀血、いずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というのは咽頭から肺をつないでいる気道からの出血のことで、吐血というものは無腸間膜小腸より上にある消化管から出血する症状のことを指します。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、日常生活のストレス、老化といった複数の原因が集合すると、インスリン分泌が鈍化したり、働きが鈍くなったりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。

万が一検査でやはり女性ホルモンの分泌量が基準値を下回っておりPOFだと分かったら、不足分の女性ホルモンを足す医術で改善が望めます。

うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、強い倦怠感、疲労感、食欲 不振、体重の減少、強い焦燥感、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の辛い症状が見られるのです。

コメントを残す