原発の事故

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ

γ-グルタミルトランス ペプチダーゼなどの数値で知ることができますが、特にここ2、3年肝機能が充分ではない現代人の数が徐々に増加傾向にあるとのことです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではない覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持など)ために必要となる理論上のミニマムなエネルギー消費量のことを指しています。
欧米諸国では、新しい薬の特許が満了してから約30日後には、製薬市場の約8割がジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替わるような飲み薬もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界に浸透しているという現実があります。

チェルノブイリ原発の事故の長期間に及ぶ追跡調査のデータからは、大人と比較して体の小さな子どものほうが漏れてしまった放射能の被害をよく受けることが理解できます。
内臓脂肪症候群であるとは言われなかったとしても、内臓に脂肪が多く付着しやすい型式の悪質な肥満症を持つということで、重い生活習慣病を引き起こしやすくなります。

コメントを残す