動物

猫と人間をいっしょにするなって?確かに…。

同じ地球に住む同じ動物なのです。
悲しい共通点ですが、少しのその痙攣が、一瞬生き返ったと喜こんでしまうのですよ。
でもそれもほんの一瞬。
それが最後なのです。いつも。

涙でぐしゃぐしゃになりながら、生命の不思議さと尊厳とはかなさを感じてしまうのです。本当に別れはつらいですね。
子猫の話からこんなことまでつい書き込んでしまいましたが、それほどこの時期を生き抜くのは子猫にとってとても、難しいことなのです。だからって、納得出来る訳ないだろ!

つい数時間前まで、膝にちょこんと座ってのぺのぺしてたんだぞ!?
今まで上げてた写真を見ればおわかりの通り、もちもちぽんぽんもきれいな桃色です。
受け入れた際は未熟児近かったが、やがてミルクもグイグイ飲むようになったし、足もしっかりしてようやく歩くようになったのです。

生命力と言う点で、ドンドン満ち溢れてきていたんだよ!
目も開き、脳が活性化して、人間をちゃんと認識し始め、わたしやイヌ社長に甘え始めたばかり。

コメントを残す