信用創造

保険業法(平成7年6月7日法律第105号)によって保険を取り扱う会社は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれて、2つとも内閣総理大臣からの免許を受けた者を除いて設立してはいけないことが定められている。

つまり「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」の3つの重要な機能をセットで銀行の3大機能と呼び、銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」、最後にその銀行の持つ信用によってはじめて実現できているものなのである。

郵政民営化により発足したゆうちょ銀行が提供しているサービスに関しては郵便貯金法(2007年廃止)の規定による「郵便貯金」の扱いではなく、銀行法が適用されによる「預貯金」が適用される商品なのです。

このように我が国の金融・資本市場における競争力を強化する為に進められた緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上を目指す取組や試みを積極的に促進する等、市場そして規制環境に関する整備がすでに進められていることを知っておきたい。

簡単紹介。金融機関の(能力)格付けとは→信用格付機関によって金融機関、さらには国債を発行している政府や、社債を発行している企業についての、債務の支払能力などの信用力を基準・数字を用いて評価するのです。