体液

スギの木の花粉が飛ぶ春に、小児が体温は平常なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻みずが止まってくれない状態なら、残念ながら杉花粉症の可能性が高いといえます。
HIV、つまりエイズウイルスを持った血液、精液を始め、母乳や腟分泌液といった類の体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分などに触れた場合、感染するリスクが出てくるのです。
前立腺は成長や働きにアンドロゲンがとても大きく関連しており、前立腺に発生したがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)の機能によって大きくなってしまいます。
高血圧(hypertension)の状態が長い間続くと、体中の血管に重い負担となり、身体中至る所のありとあらゆる血管に障害が起こって、合併症を起こすパーセンテージが大きくなると言われています。
肝臓をいつまでも健やかに保つには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓を老けさせない対策を迅速に実行することが効果的だと思われます。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足がしびれたり脚のむくみなどが目立ち、症状が進行してしまうと、残念なことに、呼吸困難に至る心不全を連れてくることがあるそうです。
前触れもなく発症する急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・下痢に見舞われる程度ですが細菌感染から来ている場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38℃以上の高熱が出るのが通例です。
ダイエットに勤しむあまりカロリー摂取を抑える、食べる量が少ない、などの生活を続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、深刻な冷え性をもたらしていることは、色んな媒体で言われているのです。
ストレスがかかり、溜まってしまう理屈や、便利で有用なストレスを緩和する方法など、ストレスに関しての深い知識を勉強している人は、そんなに多くはありません。
塩分や脂肪分の摂取過多をやめて運動に励み、ストレスのかかり過ぎないような生活を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を未然に防ぐコツだといえます。
グラスファイバーで作製されたギプスは、丈夫で軽量なのに耐久性があって、雨などで濡らしてしまっても壊れずに使用できるという長所があるため、現在採用されるギプスの中でも定番となるまでに浸透しました。
車の事故や屋根からの滑落など、大きな力が体にかかった場合は、複数の地点に骨折が齎されたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、加えて内臓が破裂してしまうこともあるのです。
耳の奥の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に大別できますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスなどが付き、炎症ができたり、体液が溜まる病を中耳炎と呼びます。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経を整えたり痛みを抑制し、様々な器官の覚醒などを支配していて、単極性気分障害(大うつ病)の方ではその作用が弱いことが判明している。
大抵は骨折を起こさない位のごく小さな力でも、骨の同じエリアに幾度も繰り返しいつまでもかかることによって、骨折してしまう事もあり得ます。