ブドウ球菌

チェルノブイリ原子力発電所事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果によると、大人に比べると若い子どものほうが分散した放射能の深刻なダメージを受容しやすくなっていることが明らかになります。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒が極めて強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種になります。

日本における結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」にならう形で進められてきましたが、56年後の平成19年からは他の数多ある感染症と等しく「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて行われる運びとなりました。
欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が満了してから4週間後、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に取って代わる医薬品もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は先進国で採用されているのです。

ライブのおこなわれる会場やクラブハウスなどに設けられている特大スピーカーの正面で大きな音を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言っています。

コメントを残す