ゼントラーディ

ネコを限りなく増やし続けるためにはどうしたらいいだろうか.
人の手で世話してても限界があるので,ネコの飼育・繁殖を行う自動機械を作る.自動機械には,ネコと同等のレートで自己複製し増殖する機能を与える.
しかし,地球の資源だけではすぐに使い切ってしまう.自動機械に惑星間,恒星間,ついには銀河間の距離をも乗り越える航宙能力を与える.人は自動機械の能力とネコの飼育法の改善の研究のみにまい進する.惑星や恒星の元素構成はネコの身体を作るのに最適なものとは言えない.効率よく資源を利用するため,ネコの身体を作る炭素,窒素,酸素,カルシウム,リン等をほかの元素から大量に作り出す核変換技術も開発する.時間的にネコの繁殖に追いつかないときは一時的なコールドスリープでしのぐ.
宇宙の全物質をネコに変換しながら広がる地球艦隊.だが宇宙には人類同様に彼らのペットをこよなく愛し,それらの無限の繁栄を願う別の種族(仮名:ゼントラーディ)がいた.地球艦隊が彼らの艦隊と接触する.宇宙戦争の勃発である.

だが,続く戦いの中でゼントラーディ(仮)のペットを目にした人類は驚愕する.それは,細かい姿かたちの違いはあるものの,まぎれもないネコだったのだ.ゼントラーディ(仮)も地球由来のネコを見て同様に驚愕する.プ,プロトカルチャー.

地球人類もゼントラーディ(仮)も,ネコを繁殖させるために超古代宇宙文明が作り出した人工生命の末裔だったのだ.
ついに和解に達し,ともに手を取り合って全宇宙をネコで満たし続ける地球人類とゼントラーディ(仮).