コレステロール

ポリフェノール最大の特長は水溶性のV.C.や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なり、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を発揮するのです。
最大の臓器である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変を代表とする多くの健康障害の因子となる恐れがあることをご存知でしょうか。
1型糖尿病という病気は、膵臓に内在する血糖値に深く関与しているβ細胞が破壊されてしまうことが原因となり、残念なことに膵臓から微々たる量のインスリンしか分泌されなくなることで発病してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。
30〜39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学用語ではPOF(Premature Ovarian Failure)という疾患に当てはまります(日本においては40歳以下の女の人が閉経する症状のことを「早期閉経(premature menopause)」と定義付けています)。
内臓脂肪型の肥満と診断され、脂質(lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖のうち2個以上に合致するケースを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼びます。
音楽会の開催される場内や踊るためのクラブハウスなどに備えられた大きなスピーカーの真正面で大音量を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「音響外傷」と称しています。
肝臓を健康にキープするには、肝臓の解毒する作用が衰えないようにすること、別言すると、肝臓のアンチエイジング術を迅速に開始することが効果的だと思われます。
昨今、若い世代で結核菌に抗する抵抗力、すなわち免疫力の無い人々が増えていることや、自己判断のせいで受診が遅れることが原因の集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。
痩せたいあまりにカロリー摂取を控える、食事をわざと残す、等の食生活を続けると結果として栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を齎していることは、何度も問題視されているのです。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無効になった後に売られる、新薬とまったく同じ成分で金銭的な負荷を低くできる(クスリの価格の高くない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足が何も感じない麻痺状態になったり脚の浮腫などが典型で、発症から時間が経ってしまうと、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全を併発することがあります。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が切れた30日後、製薬市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に変更されるという薬もある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は地球上に浸透しているのです。
現代のオペ室には、トイレや器械室、手術準備室(operating preparation room)を用意し、オペ中に撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ付近にレントゲン撮影用の専門室を準備するのが普通だ。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルのひとつのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる化学物質が、肝臓の持つ解毒酵素の正常な産出活動を助けているのではないかという事実が明らかになってきたのです。
「常に時間に追われている」「わずらわしい様々な人間関係が嫌い」「あらゆる先端技術や情報の著しい進化に付いていくのが大変」など、ストレスが溜まる元凶は人によって違うようです。